総量規制外カードローンは作りやすい?

Post info:

利息制限法から見る金利の仕組み

消費者金融の金利には貸金業法によって決められた上限があります。
その上限以上の金利が設定されることは正規の消費者金融ではあり得ませんが、上限金利を知っていることが少しではあるものの消費者金融の金利をわかりやすく変えていきます。
まずは上限を決める利息制限法についてご説明しましょう。
利息制限法では元金に応じて適用金利の上限を3段階に分けて決めています。
・元金10万円未満は上限金利20.0%まで
・元金10万円以上100万円未満は上限金利18.0%まで
・元金100万円以上は上限金利15.0%まで
つまり5万円の借り入れをするときには「元金10万円未満は上限金利20.0%まで」の範囲になるため20.0%を上限として設定されることになります。
しかし消費者金融で設定されている金利が4.5%〜18.0%となっている場合には5万円の借り入れでも20.0%ではなくその消費者金融が設定されている金利の18.0%が上限になります。
10万円を借り入れたときには「元金10万円以上100万円未満は上限金利18.0%まで」の範囲になるため、例えその消費者金融の金利が4.5%〜20.0%と記載されていたとしても上限金利は18.0%になります。
利息制限法を超えた金利を設定する消費者金融はありません。
なぜなら利息制限法以上は民事上無効であり、利用者には支払いの必要がないことも理由の一つになっていますが、もう一つ、その消費者金融に対しての行政処分の対象になるということもあります。
利息制限法で決められた金利以上を設定して、そこに発生した過剰な利息は私たちには支払いの義務がありません。
また、万が一支払ってしまったとしても返還請求を行うことができます。
かつてのサラ金時代とは違い、消費者金融は健全な運営をしなければその運営が貸金業法に引っ掛かり信用を失う時代です。
利息制限法以上の設定はありません。

Read the full post

Post info:

総量規制外カードローンは作りやすい?

年収の1/3までの枠にとらわれず借入を行うことができる、総量規制外カードローンは、貸金業者から既に年収の1/3近くまで借りていて、これ以上借りることが不可能な状態にある方やまとまったお金が必要な方にとって頼もしい存在といえます。しかし、総量規制例外カードローンは作りやすいか?といえば、それば別問題です。

総量規制外カードローンの代表格ともいえる銀行カードローンを例に挙げるとわかりやすいと思うので、身近な存在であり、総量規制ローンと比べられることの多い、銀行カードローンについて考えていきたいと思います。

総量規制ローンであろうと総量規制対象外ローンであろうと誰もが融資を受けるためにクリアしなければならない審査ですが、銀行カードローンの審査は厳しめ、と言われています。銀行カードローンの審査が厳しい傾向にあるのは、申込者の信用度、貸倒れなどのリスクを加味して審査を行っていること。また、年収に関係なく限度額を設定することができ高額融資も可能であること。そして総量規制カードローンに比べ金利を低めに設定しているからです。

つまり、申込者(利用者)にとって総量規制外である銀行カードローンは、審査を通過することができれば、「低金利で高額融資も可能」と実に魅力的なローンです。ですが、貸し手である銀行としては、好条件で貸付を行う代わりに、返済能力のある方に限定して貸付を行いたい、と考えています。従って、申込者の信用状況によっては総量規制カードローンよりも作りにくいケースも珍しくありません。

関連記事

Read the full post